FC2ブログ
Twitterの補助的位置づけ。Twitterアカウント:akashi_k
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/11(日)22:28
 まだNAISTに受かっただけなんだけど、今までになにをしたのかとか書いていく。
 前回書いたような理由で院進を決めたなら、まず志望校を決める……前に、自分が『何の研究がしたいのか』を考えたほうがいい。恐らく外部院を受ける人には、『高校生の頃憧れてて、でも行けなかったあの大学に行くんや!』みたいな人も多いと思う。でも一度、その大学でやりたい研究ができるのかどうかという面にも目を向けて、別の大学院についても考えてみてほしい。ちなみに僕の研究室には、やりたいこともなく入ってきた外部M1が今ひどいことになっている。

『何の研究がしたいか』というのは、できるだけ詳細に決まっていた方がいい。例えば『ソフトウェア工学をしたいからソフトウェア工学してる研究室に行けばいいよねー』みたいなことをすると痛い目を見たりする。理由は明確で、同じソフトウェア工学研究室であってもやってることは全然違うのだ。要求工学やりたいなーと思っていたら開発者の行動分析とかやらされたりするかもしれない。もちろん、それはオープンキャンパスに行けばわかることなんだけど、オープンキャンパスの頃にそれに気づいて、慌ててまだオープンキャンパスやってるほかの大学院を探すのもあまりいいことではないだろう。

決まったら次は受ける大学院を決める。論文とか読んでみるのもいいかもしれない。別に納得した上でならやりたいことと反しても構わない。あとはオープンキャンパスにかならず行く、こんなもんかな。

んで次に親に話す。僕の友人に『大学生にとって一番大切なのは、大学に通い続ける金を工面することだ』という名言を残した奴がいるのだが、彼の言うおり受かっても金が無いと大学院に行けない。奨学金を借りて、生活費はバイトで……っていうのは不可能ではないけど無理というものだ。

TOEICとかTOEFLとかうけてみる。大抵の大学でTOEICが使える(と思う)。東大とかはTOEFLみたい。当日試験しかないところ、当日試験も選べるところ、TOEIC・TOEFLしか認めないところがあるが、TOEIC・TOEFLを利用できるならした方がいい。理由は簡単で、TOEICとTOEFLは何度も受けて一番いい物をだせばいいのに対して当日試験は一発勝負だからだ。TOEICの勉強法については後日書こうかなと思う。

過去問を解いてみる。大抵の大学院で入手できる(と思う)。しかし答えがついていないことが大半である。しかし内部生は『代々受け継がれた回答集』を持っていることが大半なので、出来ればオープンキャンパスの時に入手したい。ちなみに東工大のオープンキャンパスの時、とある教授は『同じような物をつくるとほかの教授に指摘されるので変えてはいるが、そもそも分野内で問題として成立する部分は限られているし、これが本業なわけでもなくて片手間。つまりそういうこと』みたいなことをおっしゃっていた。つまりそういうことである。

後は試験受けるだけ。簡単でしょ。
スポンサーサイト
プロフィール

アカシ

Author:アカシ
プロフィール
NAIST通ってます。

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 | アカシ亭TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。